英会話教室でEnglishを身につける|外国人とええ会話をしよう

Japanese-language teacher

日本語教師を目指す

日本語教師になるための条件とは

teacher

日本語教師になるためには、専門の大学を卒業するか、次の2つの基準のうち最低1つをクリアしていないといけません。日本語教師養成講座において420時間の教育を受けていること、日本語教育能力検定試験に合格していること、の2つです。日本語教育能力検定試験は、1年に1回開催されている試験ですが、試験範囲が一般常識から専門知識まであってとても広く、合格率も毎年20%台しかない難しい試験なので、独学で勉強して合格できる人は極めて稀です。合格者のほとんどは、先にあげた420時間相当の養成講座を受講してから、この試験を受けているのです。したがって、日本語教師になるためには、420時間相当の日本語教師養成講座を受講している人が多い、ということです。

養成講座にはどのようなものがあるのか

日本語教師養成講座には、通学するものと、通信教育とがあります。420時間相当の講座を受講するのですから、通学するにしても、通信教育にしても時間がかかることは変わりません。通学する場合、半年くらいの間、毎日のように通うパターンか、毎週何日かだけ通って2年間かけて修了する、というパターンがあります。受講料はスクールによって違いますが、50万円前後になります。通学か通信教育かどちらがいいかは、受講する人の事情次第ですが、一般の人が聞いたこともないような専門知識がたくさん出てくるので、通信教育で最後まで修了するのにはかなりの覚悟が必要でしょう。日本語教師養成講座は、日本語学校が実施しているものと、資格取得のためのスクールのものがあります。日本語学校が実施している講座は、実技授業にも重点を置いている場合が多く、実際に就職する時に役に立つ授業が多いです。